FC2ブログ

俺ら、SYDNEYで人並みにやってけるの?

2007年2月に家族でオーストラリアに移住してからの毎日を徒然なるままに記すとりとめもない独り言

2019/04/19(金) 今さら「たま」にハマってみる

4連休の初日。
この1週間は本社用の決算報告資料作成に追われて残業続きだったから、至福の朝寝坊。
ワンコとたくさん遊んで、でもその後はダラダラ過ごして何となく終わってしまった…
あ、今からDVD観るぞ!

最近目に留まったニュースをいくつか。

シンガポールに移住した30代男性が語る海外移住のリアル(4月11日・マネーポストWEB)

コレ、何が言いたかったの?
「海外移住のリアル」ってタイトルは明らかに過剰表現で、ハッキリ言ってつまらん。
もっと突っ込んだ記事かと思って、損した。

海外移住ってのはまず第一に、いかにして就労OKのビザを取得するか? だと考えるが、その点にはまったく触れてない。
なんだ、勤務先にスポンサーになってもらってんのか…

一方で、ポジれる音楽系ニュースふたつ。

森高千里50歳に 「短すぎる」と反対されたミニスカートをはき始めた理由(4月11日・文春オンライン)

いいよねー。
同世代だし、かつ今でも全然キレイだし。

20190419-2.jpg
(森高千里公式INSTAGRAM)

そして今日のメインは「たま」

たまの「さんだる」は国内音楽シーンのエポックメイキング作だ(4月13日・OKミュージック)

一世を風靡してた「イカ天」をリアルタイムで観てた世代としては、当時は一種のイロモノもしくはモノマネの対象として見がちだった「たま」を、しっかり聴かねば! という義務感が一気に芽生え、ラッキーにも「さんだる」が全曲YOUTUBEにアップされてたから、ありがたくiTunes取り込み。

20190419-1.jpg

コレは他のどのアルバムにもない空気が全編を通して流れてる。
いわゆる「ヘタウマ」的だけど実はとっても上手い唄い方をしたボーカルが、シュールな歌詞をキャッチーなメロディーに乗っけてて、コレは改めてハマりそう。
かなり高度な音楽です。

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ


スポンサーサイト



テーマ:オーストラリア - ジャンル:海外情報